スギ・ヒノキ花粉症の人はトマトを食べると症状が悪化する!?

2014y07m28d_193654978

最近、スギ・ヒノキ花粉症とトマトの関係について注目されています。

というのも残念ながら、トマトを食べるとスギ・ヒノキ花粉症に改善効果があるという話ではないです。

逆にスギ・ヒノキ花粉症の人は「トマトを食べると症状が悪化する」という話です。

原因としては花粉症のアレルゲン(抗原)と特定の果物・野菜のアレルゲン(抗原)が一致してしまうためだといわれていて、トマトにはヒスタミンが多く含まれているからです。

2014y08m22d_013539515

この果物や野菜が原因のアレルギーを「口腔アレルギー症候群」といい、一般的には「果物アレルギー」というそうです。

花粉症の人の10人に1人はこのアレルギーが起こるといわれていて、症状としては口(唇)や喉が腫れてしまったり、鼻水やくしゃみの症状がひどくなってしまいます。

今回題材にしたトマトに関しては、スギ花粉、ヒノキ花粉がアレルゲンが一致しているそうです。

【有名な花粉とアレルゲンが一致する食べ物】

[ブタクサ] ⇒ スイカ、メロン、バナナ、キュウリ

[ヨモギ]  ⇒ リンゴ、キウイ、セロリ、ニンジン

[シラカバ] ⇒ モモ、ナシ、サクランボ、キウイ、イチゴ

今は花粉症を発症していなくても特定の果物や野菜を食べてアレルギー反応が起これば同じアレルゲンの花粉症を発症する可能性があるそうです。

シラカバの花粉症の方は特にアレルギーが起こりやすいので注意が必要です。

これに当てはまる人がトマトを食べられないかというとそんなことはありません。

加熱して食べる分にはトマトに含まれるヒスタミンが消滅するため問題ないようです。

カゴメと国際医療福祉大学との共同で商品化したトマトジュースは花粉症による鼻水やくしゃみの症状が緩和したという報告があがっています。

トマトを使った商品でも健康補助食品として品質改良されている場合は成分や作用を確認した上で、摂取しても大丈夫なものもありそうですね。

どちらにしても食べる機会が減りそうで、トマトが大好きな方には残念ですが…

花粉症の方は自分のアレルゲンを確認して果物アレルギーにも注意するようにしましょう。



このブログでオススメしている「えぞ式 すーすー茶」は花粉症の症状の原因である過剰なアレルギー反応を抑えるのに効果的です。

今回紹介したトマトに多く含まれるアレルギー反応の原因となるヒスタミンの放出を抑えることで過剰なアレルギー反応を抑える働きがあります。

スギ・ヒノキ花粉の時期が始まる前に飲むのも効果的で予防にもなります。

通院が面倒な方、時間がない方や副作用のない改善策を探している方には特にオススメです!

紅茶のような甘味がありますが、糖質もゼロでカロリーもゼロなのでダイエット中の方も気軽に飲めます。

ぜひぜひお試し下さい(^_^)

あわせて読みたい

コメントを残す