花粉症の予防・対策方法

花粉症は予防することが非常に大切です。

今回は、オススメの予防方法をご紹介していきます。

2014y07m28d_193119110 「花粉を避ける」

花粉が付着しないようにマスクやメガネ、ゴーグル、帽子、スカーフをしたりするなどして、なるべく花粉が付着しないようにする。

着用したマスクに関しては1度使用したものは、使い捨てにするか洗濯するようにしましょう。

花粉が付着しないように対策グッズなんかも使ってみるといいでしょう。

花粉対策グッズをチェック⇒【花粉症対策グッズランキング

2014y07m28d_193841327

女性の方で髪の長い方は出来るだけ花粉が付着しないように髪を結ぶなどしてコンパクトにするようにしましょう。

2014y07m28d_193119110 「外出を控える」

空気が乾燥している日や、風の強い日は花粉が多く飛んでいる可能性が高いので外出を控えるようにしましょう。

特に昼頃から3時までは花粉の飛散量がピークを迎えるので外出は控えるようにしましょう。

最近では、天気予報やインターネットで花粉情報を知ることができますのでしっかりと活用して予防しましょう。

2014y07m28d_193119110 「布団や洗濯物を取り込む際の注意」

花粉症シーズンは布団や洗濯物はなるべく室内で干し、外で干す際は取り込む時に付着した花粉をよく落としましょう。

2014y07m28d_193119110 「室内環境」

2~3月頃の花粉が多く舞うシーズンは換気も最低限にして、なるべく窓を開ける回数を減らすように心がけましょう。

室内環境としては室温は25℃、湿度は約50%を保つように心がけましょう。

2014y07m28d_193119110 「外出する際の衣服の選び方」

外出する際に着用する衣服は綿の素材よりも、生地がツルっとしていて花粉が付着しづらいものを選びましょう。

外出した際も洋服や髪に付いた花粉を落としから家の中に入り、洗顔やうがい、鼻をかむように心がけましょう。

2014y07m28d_193119110 「花粉症に効果的なヨーグルト」」

ヨーグルトは主に体質改善を目指す上で予防にも効果的です。

2014y08m23d_090426220

ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれているため、花粉症やアトピーなどの症状に効果的だと言われていますね。

ヨーグルトにも様々な種類のものがありますが、最近ではL-92乳酸菌やフェリカス菌、KW乳酸菌などが有名です。

ただ、即効性というよりは少しずつ続けていくことで症状が緩和されていくという認識を持ちましょう。

花粉症や鼻炎に効果的な食べ物や飲み物⇒【鼻炎に効く食べ物や飲み物とは?

2014y07m28d_193119110 「体質改善」

花粉症の根治には体質改善が不可欠で、体質改善を心がけることで予防にもつながります。

睡眠不足や疲れによって体の状態が良くないと、免疫力の低下を招き花粉に対抗出来なくなってしまいますので十分な睡眠やバランスのとれた食事を心がけましょう。

ストレスをためすぎる事も体によくありません。

適度な運動をすることは自律神経を高めてくれると共にストレス発散にもなるのでおすすめです。

2014y07m28d_193119110 「管理人のおすすめ予防グッズ」

このブログでオススメしている「えぞ式 すーすー茶」は花粉症の症状の原因である過剰なアレルギー反応を抑えるのに効果的です。



アレルギー反応の原因となるヒスタミンの放出を抑えることで過剰なアレルギー反応を抑える働きがあります。

花粉の時期が始まる前に飲むのも効果的な予防にもなりますのでおすすめです。

通院が面倒な方、時間がない方や副作用のない改善策を探している方には特におすすめです!

紅茶のような甘味がありますが、糖質もゼロでカロリーもゼロなのでダイエット中の方も気軽に飲めます。

ぜひぜひお試し下さい(^_^)

花粉症の予防接種について

予防接種的な扱いで花粉症注射で筋肉注射で一発治療といった様な方法やを見かけることがありますが、これは副腎皮質ホルモンの筋肉注射で即効性のある効果が期待できます。

しかし、副作用が強く長期に渡りこういった治療を受けると糖尿病や高血圧を併発する可能性があり、安全性に欠けているとの意見をよく見かけるためアレルギーの専門家が花粉症に対して行うことはまずないと言われていてオススメできないのが現状です。

比較的安全な予防接種に近い方法としては「減感作療法」というものがあり、効果的な治療方法でもあります。

この方法は「花粉症の根治」に最も近い治療方法で、うまくいくと薬が不要になったり、薬の量が大幅に削減されます。

減感作療法とは、原因となるアレルゲン(花粉など)を体内に注射で入れていきます。

最初は少量から徐々に量を増やしていきます。

そして、一定の量に達したら維持量で体内に入れていって、これを毎週1~2回の通院を繰り返して行い、約2年の期間続けます。

少量のアレルゲンを体内に入れると、体は外敵かどうかの判断がはっきりつかない状態となり、曖昧になって反応しづらくなります。

そして、徐々に量を増やして体に慣れさせていくことで過敏な反応を抑えるのを目的とした治療・予防方法になります。

減感作療法を行う時期としては、花粉シーズンは行うことができないのでので花粉の飛散が終了してからになります。

料金に関しては保険が適用されるため一回の通院で数百円で済むそうです。

副作用に関しては、少量とはいえアレルゲンを体内に注入するのでアレルギー反応が起こることが稀にあります。

花粉症に似た症状があらわれたり、「アナフィラキシー」という過剰な反応が起こるケースもあります。

減感作療法のデメリットとしては長い期間を地道に通院しなければならないので根気を要します。

根本からの改善を望んでいる人は覚悟がいりますが試してみるといいかもしれません。

コメントを残す