アレルギー性鼻炎の原因の外的・内的要因とは?

2014y07m21d_011934201

アレルギー性鼻炎の原因は大別すると「外的要因」と「内的要因」に分類されます。

内的要因・・・体が抗原であるアレルゲンに抵抗できる免疫力を保つための体質的要因。

外的要因・・・外部からのアレルゲンの侵入や普段生活している環境の要因。

順番に詳しく解説していきます。

外的要因

代表的なアレルゲンとしては、

・花粉
・ハウスダスト
・ホコリ
・カビ
・ペットのフケや毛

などの様々な異物が考えられます。

花粉に関しては、スギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバ、カモガヤ、イネと様々な花粉の原因があります。

そして、花粉は有名なスギやヒノキだけではありません。

夏にはカモガヤ、秋にはブタクサやヨモギが多く飛散しています。

季節外れの花粉症の症状があらわれた場合は検査をするなどして自分のアレルギーの有無についてしっかりと知っておく必要があります。

花粉の種類と飛散時期を詳しくチェック⇒【花粉の種類と飛散シーズン

これらが外部から侵入してくると体はヒスタミンという化学伝達物質を放出し、くしゃみや鼻水、涙を流すなどの症状を誘発させ、これらの異物を排除しようと働きかけます。

この免疫機能が過剰に働いてしまうことがアレルギー反応で、鼻水、くしゃみ、涙などの症状があらわれます。

アレルギー性鼻炎は、花粉シーズンはマスクやメガネを着用したり、室内環境を清潔に保つことで外的要因を遠ざけることが大切です。

内的要因

睡眠不足や運動不足などの生活習慣の乱れからの免疫力の低下などの内的要因があります。

疲れや睡眠不足は体の免疫力低下を招き、精神的ストレスは自律神経の働きを鈍らせます。

適度な運動で自律神経の働きを高め、ストレス発散をして、アレルギー性鼻炎の根源であるアレルゲンに対抗できる「体質改善」が重要です。

2014y08m29d_090108440

このサイトでも度々「体質改善」は重要であると言ってきましたが、アレルギー性鼻炎の予防、根治のどちらにも絶対に不可欠な要素です。

「体質改善」を行うことは、アレルギー性鼻炎だけでなく、様々な病にかかるリスクを軽減することにも繋がります。

検査方法と診断

アレルギー性鼻炎の症状があらわれた場合はまずは検査や診断を受けることをおすすめします。

適切な治療や予防を行っていく上で大切なことだと考えています。

詳しくはこちら⇒【アレルギー性鼻炎の検査方法とアレルゲンの確認方法

また、アレルギー性鼻炎と似たような症状があらわれる血管運動神経性鼻炎という鼻の疾患があります。

血管運動神経性鼻炎は特定のアレルゲンがないのが特徴で、温度変化、刺激のある臭いなどで症状があらわれます。

症状が非常に似ているのでアレルギー性鼻炎と勘違いしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

アレルギー性鼻炎なのに自分で薬を選び、例えば発熱や頭痛などにも作用のある風邪薬などを服用してしまうと無駄な薬品を体に入れてしまうことになります。

自分の症状を正しく知った上で適切な予防・対策をしていきましょう。

コメントを残す