花粉症の鼻炎の原因とは?

花粉がアレルゲン(抗原)で原因で引き起こる鼻炎の症状はアレルギー性鼻炎といいます。

特に、皆さんの周りでよく耳にする、いわゆる「花粉症」は季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれています。

対して、一年中常に症状が起こるアレルギー性鼻炎は通年性アレルギー性と呼ばれています。

2014y07m28d_193919145

症状としては鼻水、鼻づまり、くしゃみの鼻の症状に加えて目のかゆみや結膜の充血、涙目などの症状も多く、目に関する症状は花粉症結膜炎といいます。

重症になると、発熱や頭痛、喉の痛みやイガイガ感、アレルギー性咽喉頭炎、花粉症皮膚炎などを合併することもあります。

今回は、花粉症の鼻炎の症状が起こる原因を解説していきます。

【花粉症が起こるメカニズム】

 アレルゲンである花粉(スギ、ヒノキ、ブタクサなど)が鼻腔内に侵入。

 体は花粉を排出しようと働きかける。

「ヒスタミン」という化学伝達物質を鼻腔内に遊離させます。このヒスタミンはくしゃみや鼻水を誘発させます。

 鼻水やくしゃみの症状を起こし、花粉を排出する。

花粉の種類や飛散の時期を確認するならこちら!
⇒【花粉の種類と飛散シーズン


これが「アレルギー反応」であり、鼻水やくしゃみが起こる原因です。

このアレルギー反応が過剰に起こることが辛い症状が起きてしまう原因なんですね。

このアレルギー反応を抑えて症状を緩和するためにはヒスタミンの放出を抑えてあげる必要があります。

また、花粉症と風邪の鼻炎の症状はすごく似ているので、適切な対象ができるように見分け方を確認しておきましょう。⇒【花粉症と風邪の症状の違い

このブログで紹介している「えぞ式すーすー茶」は、今回ご紹介した原因の「ヒスタミンの放出からの過剰なアレルギー反応」を抑えてくれる役割を担ってくれるのでオススメです(^_^)

えぞ式すーすー茶」は甜茶というお茶を元に作られています。

甜茶はヒスタミンの放出を抑えてくれる働きがあり、アレルギー反応が過剰に起こらないように働きかけてくれます。

私も日頃から水筒やペットボトルに入れて持ち歩いて飲んでいますが症状がかなり改善されました。

アレルギー性鼻炎で悩んでいる方はぜひぜひお試し下さい!!

コメントを残す