副鼻腔炎(蓄膿症)の原因とは?

副鼻腔炎は毎年約1000万人以上の発症者がいるといわれています。

原因の多くはアレルギーや細菌感染が原因によるものです。

a0002_007512

副鼻腔炎(蓄膿症)の原因

風邪などのウイルスの感染、花粉、カビなどの「アレルゲン」、環境汚染物質による影響が原因で副鼻腔に炎症がおこり鼻炎の症状が起こり、症状が長引くと副鼻腔炎になります。

そして、炎症により発生した膿が鼻の奥に溜まることにより細菌などの温床となってしまうことで症状が慢性化し、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になります。

膿がたまるのは骨格も関係していると言われています。

痛みを伴う症状の原因は鼻腔内に分泌液、膿がたまることで鼻腔内の圧力が高くなってしまっているからです。

ストレスをためすぎるのも原因の一つで、免疫力の低下につながり症状の悪化を招いてしまいます。

また、原因のひとつに遺伝的要素も絡んでいると言われています。家庭内で同じ症状を持つケースが多く見られています。

まずはウイルスや花粉、カビなどの外的要因を遠ざけるように予防が大切です。

外出の際はマスクをしたり、室内をこまめに清掃して清潔な環境を整えましょう。

タバコや飲酒も副鼻腔炎(蓄膿症)の原因となる粘膜の炎症や鼻づまりの症状が起こる原因となるのでなるべく控えたほうがいいでしょう。

タバコなどの刺激のある煙は鼻の粘膜の炎症を悪化させて今う場合があるので注意が必要です。

コメントを残す