スギ花粉の原因・症状と飛散時期は?

2014y07m28d_193654978

スギ花粉は季節性アレルギー性鼻炎の花粉症の代表的な原因のひとつです。

1960年頃から飛躍的にスギ花粉による症状が起こる人が増えてきました。

経済復興の影響で木材の需要が増えた事でスギの植林が活発に行われたからだと言われています。

スギ花粉の粒子の大きさは直径30~40μm(3/100mm)といわれていて、スギ花粉の形状は周囲は殻に囲まれていて、突起のようなものがあります。

2014y07m28d_193119110 スギ花粉の飛散時期

飛散時期は2~4月頃で、ピークは関東・関西では3月上旬~下旬頃が飛散時期のピークになります。

花粉の種類や飛散時期などの情報はこちら⇒【花粉の種類と飛散シーズンまとめ

2014y07m28d_193119110 スギ花粉症の原因

アレルギー性鼻炎の一般的な原因と同じで、アレルゲン(花粉)が侵入することで、体の免疫機能により化学伝達物質のヒスタミンが放出され、花粉を排出するために鼻水、くしゃみ、涙が出るなどの症状を誘発するためです。

2014y07m28d_193119110 スギ花粉症の症状

症状としては花粉症の基本的なものが多いです。

2014y07m28d_193919145

鼻水、鼻づまり、くしゃみの鼻の症状に加えて、目の症状の花粉症の「4代症状」が起こります。

加えて、咳などの喉の症状や皮膚の症状が伴うこともあります。

皮膚の症状に関しては、肌荒れやかゆみや湿疹の症状があらわれる方が近年増加傾向にあります。

スギ花粉が皮膚に付着することで起こるアレルギー性皮膚炎の一つであると考えられていて、「スギ花粉皮膚炎」と呼ばれています。

花粉症皮膚炎と「アトピー性皮膚炎」は非常に密接な関係を持っています。

アトピー性皮膚炎を発症している約4割の方は花粉症皮膚炎をしているといわれています。

アトピーも花粉症もどちらもアレルギー反応によるものなので、体質的にアレルギー反応を起こしやすいためといわれています。

スギ花粉症は、重症の場合は発熱や頭痛、喘息の症状が発生することもあります。

また、スギ花粉はヒノキ花粉とアレルゲンが似ているので併発する人が多い特徴があります。

最近ではスギ花粉症の人がトマトを食べると症状が悪化するという話題が注目されています。

トマトにはヒスタミンが多く含まれているためだと言われています。

加熱して食べる分にはヒスタミンが消滅して問題ないようですが注意が必要です。

詳しくはこちら!⇒【スギ・ヒノキ花粉症の人はトマトを食べると症状が悪化する!?

対策・予防と治療方法

他の花粉症と同様に花粉をマスクやメガネを着用するなどして「花粉を遠ざけること」が重要です。

ネットやテレビでもスギ花粉情報が簡単に知ることができますので、

「いつから~いつまでが飛散時期なのか?」

「飛散時期のピークはいつなのか?」

ということは頭に入れておきましょう。

そして、生活習慣を整え、十分な睡眠、適度な運動を行うことで免疫力の強い体を作ることが大切です。

最近では、スギ花粉限定ではありますが免疫療法の「舌下減感作療法」という治療方法が注目されています。

舌下減感作療法」とは…?

舌の下にパン片を起きます。

そこにスギ花粉のエキスを垂らして、そのままにして2分たったら飲み込みます。

舌の下という場所にも理由があり、あごの左右にある「リンパ節」が近くエキスが行き渡りやすいという理由です。

リンパ節はアレルギー反応に大きな影響があるといわれていて、花粉症の症状が出やすい鼻と目の近くにあるリンパ節ということが効果を発揮する大きな理由となっています。

効果としては8割近くの人が体感して自宅での治療も可能な点が魅力的です。

ただ、長期間での治療で根気を要するのがネックかなと…

以前は保険適用外だったんですが、最近では保険適用になっているそうです。



このブログでオススメしている「えぞ式 すーすー茶」は花粉症の症状の原因である過剰なアレルギー反応を抑えるのに効果的です。



アレルギー反応の原因となるヒスタミンの放出を抑えることで過剰なアレルギー反応を抑える働きがあります。

スギ花粉の時期が始まる前に飲むのも効果的で予防にもなります。

通院が面倒な方、時間がない方や副作用のない改善策を探している方には特にオススメです!

紅茶のような甘味がありますが、糖質もゼロでカロリーもゼロなのでダイエット中の方も気軽に飲めます。

ぜひぜひお試し下さい(^_^)

コメントを残す