ヒノキ花粉の原因・症状と飛散時期とは?

2014y07m28d_193919145

ヒノキ花粉症はスギ花粉症と同様にヒノキの木材としての需要が増えてきたため、それに比例してヒノキ花粉による花粉症の発生が多くなっています。

2014y07m28d_193119110 ヒノキ花粉の飛散時期

ヒノキ花粉は主に3月~5月が飛散時期です。

スギ花粉がピークを終えた頃にヒノキ花粉はピークを迎えます。

最近では、ネットやテレビでも花粉情報が配信されていますので飛散時期はいつから~いつまでなのか把握しておくことは予防や対策を行う上でも非常に大切です。

スギ花粉とアレルゲンの性質が非常に似ていて、飛散時期も重なるため、スギ花粉症を患う人はヒノキ花粉症を併発する特徴があります。

ただ、ヒノキ花粉症だけを患う人は少ないと言われています。

2014y07m28d_193119110 ヒノキ花粉症の原因

症状が起こる原因は他の花粉症と同様にアレルギー反応によるものです。

体内にヒノキ花粉が侵入することで体は免疫機能で化学伝達物質のヒスタミンを遊離させます。

このヒスタミンが鼻水、くしゃみ、涙などの症状を誘発させ、花粉を排出しようとするために症状が起こります。

このアレルギー反応が過剰に発生してしまうことが辛い症状の原因となっています。

2014y07m28d_193119110 ヒノキ花粉症の症状

ヒノキ花粉の症状としては、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの4大症状に加え、重症だと発熱や下痢、皮膚のかゆみなどの症状が起こります。

加えて、咳などの喉の症状や皮膚の症状が伴うこともあります。

花粉症の皮膚炎による症状は、「花粉症皮膚炎」と呼ばれています。

花粉症皮膚炎と「アトピー性皮膚炎」は非常に密接な関係を持っています。

アトピー性皮膚炎を発症している約4割の方は花粉症皮膚炎をしているといわれています。

アトピーも花粉症もどちらもアレルギー反応によるものなので、体質的にアレルギー反応を起こしやすいためといわれています。

また、ヒノキ花粉はスギ花粉とアレルゲンが似ているので併発する人が多い特徴があります。

スギ花粉症とヒノキ花粉症の症状の違いはあまりありませんが、ヒノキ花粉症は「目の症状が強い」特徴があります。

最近ではスギ・ヒノキ花粉症の人がトマトを食べると症状が悪化するという話題が注目されています。

2014y08m22d_013539515

スギ花粉症に関しては⇒【スギ花粉の原因・症状と飛散時期は?

トマトにはヒスタミンが多く含まれているためだと言われています。

加熱して食べる分にはヒスタミンが消滅して問題ないようですが注意が必要です。

詳しくはこちら!⇒【スギ・ヒノキ花粉症の人はトマトを食べると症状が悪化する!?

春はスギ花粉とヒノキ花粉の飛散時期ですので、マスクやメガネなどを着用して花粉を近づけないように予防しましょう。

また、花粉などのアレルゲンに対する免疫力の低下を防ぐためにも体質改善や健康管理を心がけましょう。

このブログでオススメしている「えぞ式 すーすー茶」は花粉症の症状の原因である過剰なアレルギー反応を抑えるのに効果的です。



ヒスタミンの放出を抑えることで過剰なアレルギー反応を抑える働きがあります。

通院や副作用のない改善策を探している方には特にオススメです!

紅茶のような甘味がありますが、糖質もゼロでカロリーもゼロなので気軽に飲めます。

ぜひぜひお試し下さい(^_^)

コメントを残す