季節性・通年性アレルギー性鼻炎の症状とは?

現在、アレルギー性鼻炎の患者数は日本人の「約40%」と言われています。

季節性アレルギー性鼻炎の患者数は「約30%」、通年性アレルギー性鼻炎の患者数は「約25%」と言われています。

残念ながら、その中にどちらも発症されてしまっている方も含まれているんですね…

a0002_007528

アレルギー性鼻炎の主な症状は鼻水、鼻づまり、くしゃみが3大症状と言われています。

アレルギー性鼻炎にはアレルギー大別すると、通年性アレルギー性鼻炎季節性アレルギー性鼻炎の2種類があります。

今回は、症状にスポットを当てて解説していきます。

季節性アレルギー性鼻炎

a0002_007521

季節性アレルギー性鼻炎はいわゆる「花粉症」などの季節性があり、特定の季節に症状が発生するケースが多いのが特徴です。

症状としては、鼻水、鼻づまり、くしゃみの鼻の症状に加えて、目のかゆみや皮膚のかゆみや喉の症状が発生します。

重症になると、発熱や頭痛を伴うこともあります。

目の症状は付着したアレルゲンの影響で結膜炎を発症し、かゆみや充血、涙な出るなどの症状が起こります。

喉の症状はアレルギー性咽喉頭炎と呼ばれ、のどの粘膜に付着すると、のどの調子がおかしくなることがあります。

そして、「後鼻漏」と呼ばれる喉に鼻汁が流れることによって喉に違和感を感じたり、痰を伴う咳の症状が起こることもあります。

皮膚の症状は、花粉が付着することが原因でかゆみや肌荒れを起こす、花粉症皮膚炎を発症する可能性があります。

花粉症の症状をもっと詳しく見るならこちら!!
花粉症の目の症状とは?
花粉症の喉・咳の症状とは?
花粉症の皮膚の症状とは?



通年性アレルギー性鼻炎

通年性アレルギー性鼻炎は、一年を通して季節を問わずいつでも症状があらわれる特徴があります。

その原因は、ハウスダスト、ダニ、埃、刺激のある臭いなど様々な要因が考えられます。

症状としては、季節性アレルギー性鼻炎と同様に鼻水、鼻づまり、くしゃみの鼻の症状に加え、重症になるとアトピー性皮膚炎、喘息が合併することもあります。

アレルギー性鼻炎は季節性も通年性も原因となるアレルゲンを近づけないことが重要であると共に、過剰なアレルギー反応を抑えることで症状の解消、緩和が出来ます。

症状を誘発する働きを持つ「ヒスタミン」の放出を抑えてあげることで過剰なアレルギー反応を抑え、症状を緩和することが可能です。

このブログで紹介している「えぞ式すーすー茶」は、まさにその役割を担ってくれるのでオススメです(^_^)



えぞ式すーすー茶」は甜茶というお茶を元に作られています。

甜茶はヒスタミンの放出を抑えてくれる働きがあり、アレルギー反応が過剰に起こらないように働きかけてくれます。

特におすすめの方

・薬や手術での治療での副作用が心配な方
・通院や薬を飲むのがが面倒な方
・妊婦さんや小さなお子さん
・気軽に症状改善に取り組みたい方
・摂取しやすい改善グッズをお探しの方

私も、日頃から水筒やペットボトルに入れて携帯して飲んでいますが症状が徐々に改善されてきました。

気になるお味は「紅茶のような甘み」がありますが、これは天然の甘みで無添加で「糖質もゼロ」なのでダイエット中の方やカロリーが気になる方にもおすすめです。

アレルギー性鼻炎で悩んでいる方はぜひぜひお試し下さい(^o^)

コメントを残す