花粉の種類と飛散シーズンまとめ

2014y07m28d_193654978

日本人の3人に1人が発症していると言われている季節性アレルギー性鼻炎、いわゆる「花粉症」。

原因となる花粉(アレルゲン)には様々な種類があり、飛散の時期や地域はそれぞれ異なります。

季節ごとに主要な「花粉の種類」と飛散の多い「地域と時期」を挙げていきます。

春の花粉

スギ
【2月上旬~4月下旬 北海道を除く全国】

ヒノキ
【3月上旬~5月下旬 関東より南】

ネズ
【4月~5月 北海道、沖縄を除く全国】

シラカバ
【4月下旬~6月上旬 関東より北】

ハンノキ
【1月~3月下旬 全国】

オオバヤシャブシ
【3月~4月 関東】

コナラ・クヌギ
【4月~5月中旬 東北より南】

夏の花粉

カモガヤ
【4月下旬~7月下旬 全国】

オオアサガエリ
【4月~7月下旬 全国】

ハルガヤ
【4月~7月 全国】

ホソムギ
【4月~7月 全国】

スズメノカタビラ
【3月~5月 全国】

スズメノテッポウ
【3月~6月中旬 全国】

秋の花粉

ヨモギ
【8月下旬~10月上旬 全国】

ブタクサ
【9月~10月下旬 全国】

オオブタクサ
【8月~10月下旬 北海道を除く全国】

カナムグラ
【8月~10月 全国】

ヒメスイパ
【5月~6月 全国】

ギシギシ
【5月~8月 全国】

カラムシ
【9月~10月 北海道を除く全国】

花粉症シーズンの春は、花粉症最大の原因である「スギ花粉」が最も有名ですね。

そして、北海道の花粉症の原因として最近注目されている「シラカバ」。

イネ科の花粉症の代表の「カモガヤ」は夏に多い花粉です。

秋の花粉としては、3大花粉症のひとつである「ブタクサ」が有名です。

そして、秋は次いで「ヨモギ」も花粉症の多い原因の花粉です。

この様に花粉といっても様々なものがあり、飛散時期や飛散量、地域が違いますが、冬以外は常に花粉が飛散しています。

最近では、ネットやテレビで花粉の飛散状況を確認することができますので、しっかりと知識を頭に入れて予防・対策をしましょう。

合わせて知っていただきたい情報として、皆さんは「口腔アレルギー症候群」をご存知でしょうか?

2014y09m02d_092341823

口腔アレルギー症候群とは、野菜や果物に含まれる特定の成分によってアレルギー反応を起こしてしまうことで例を挙げると「トマトとスギ、ヒノキ」はヒスタミンがアレルゲン(抗原)として共通しています。

スギ・ヒノキ花粉症の方がトマトを食べるとアレルギー反応があらわれたり、花粉症の症状が悪化してしまうことがあります。

他にも様々な花粉と野菜や果物のアレルゲンが共通しています。

下記の記事でスギやヒノキ以外の野菜や果物のアレルゲンを紹介していますので是非ご確認してください。

詳しくはこちら⇒【スギ・ヒノキ花粉症の人はトマトを食べると症状が悪化する!?

花粉症を発症した場合は「自分のアレルゲン(抗原)は何なのか?」を知るためにアレルギーテストや血液検査などを受けることが確実な方法です。

詳しくはこちら⇒【アレルギー性鼻炎の検査方法とアレルゲンの確認方法

アレルギー反応を起こし、花粉症などのアレルギー反応を起こしてしまった場合は薬での治療や通院などを視野に入れて治療を行いましょう。

治療や通院、副作用のない症状の緩和・解消を考えている方は、このブログで紹介している「えぞ式すーすー茶」は、まさにその役割を担ってくれるのでオススメです(^_^)



えぞ式すーすー茶」は甜茶というお茶を元に作られています。

甜茶はヒスタミンの放出を抑えてくれる働きがあり、アレルギー反応が過剰に起こらないように働きかけてくれます。

特におすすめの方

・薬や手術での治療での副作用が心配な方
・通院や薬を飲むのがが面倒な方
・妊婦さんや小さなお子さん
・気軽に症状改善に取り組みたい方
・摂取しやすい改善グッズをお探しの方

私も、日頃から水筒やペットボトルに入れて携帯して飲んでいますが症状が徐々に改善されてきました。

気になるお味は「紅茶のような甘み」がありますが、これは天然の甘みで無添加で「糖質もゼロ」なのでダイエット中の方やカロリーが気になる方にもおすすめです。

アレルギー性鼻炎で悩んでいる方はぜひぜひお試し下さい(^o^)

コメントを残す