花粉症の薬の種類とは?

花粉症の薬にも様々なものがあります。

 ヒスタミンの放出を抑える薬
 放出されたヒスタミンの働きを抑えるための薬
 炎症を抑えるための薬

このように薬での治療にもアプローチの仕方が違い、市販の薬や病院で処方される薬でも違いが出てきます。

代表的な薬の種類について解説していきます。

 抗ヒスタミン薬(第一世代抗ヒスタミン薬)

病院で処方されるポララミンや市販の薬にも多く含まれていて、ヒスタミンの働きを抑えてくれる効果があります。鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状に即効性のある効果が期待できます。その反面、眠気や喉の渇きなどの副作用があるので長期的な服用は控えたいです。

 抗アレルギー薬(第二世代抗ヒスタミン薬)

ヒスタミンの放出を抑えることで、アレルギー反応を抑えて症状を緩和してくれる薬です。また、症状が起こるのを遅らせてくれる効果もあります。副作用も少なく、症状の軽い方に適した薬です。

 ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)

ステロイドとは、副腎皮質ホルモンを人工的に生成した薬剤です。鼻粘膜や目の結膜の炎症を抑えてくれる効果があります。効果は非常に強く、その効果の反面、眠気、イライラ感、不眠、吹き出物などの強い副作用があります。



病院で処方される薬と市販の薬についても見ていきましょう。

処方薬
種類別に処方される代表的なものを見ていきましょう。

 抗アレルギー薬
アレジオン、アレグラ、アレロック、ジルテック

 ステロイド剤
セレスタミン

 点鼻薬
インタール、リボスチン

症状が軽い場合は基本的には、第二世代抗ヒスタミン薬の抗アレルギー薬を服用することがほとんどです。毎日服用するような薬はほとんどが抗アレルギー薬です。最近の抗アレルギー薬は、効果が上がってきていて副作用も少ないものが大きくなってきています。

市販薬

薬局などで売られている鼻炎、花粉症の症状を対象とした市販薬はほとんどが抗ヒスタミン薬です。即効性がありますが眠気などの副作用があります。効果は6時間程度と持続性はあまりありません。カプセルタイプのもので約半日の効果が期待できます。



このように様々な薬がありますが、花粉症を完治させるものは無いのが現状です。効果が強い反面副作用がある薬もあるので、医師に相談するなどして、適切な選択をしましょう。

「薬の副作用や通院はなるべく避けたいなぁ」という方には、このブログでオススメしている「えぞ式すーすー茶」をぜひぜひお試し下さい(^_^)

えぞ式すーすー茶」は甜茶というお茶を元に作られています。甜茶はヒスタミンの放出を抑えてくれる働きがあります。アレルギー反応が過剰に起こらないように働きかけてくれます。副作用もなく、日本人にとって身近なお茶で気軽に飲めます。

私も、日頃から水筒やペットボトルに入れて飲んでいますが症状が徐々に改善されてきました。

アレルギー性鼻炎で悩んでいる方はぜひぜひお試し下さい(^o^)

コメントを残す