花粉症に効くオススメの市販薬【内服】

花粉症の薬と言っても様々な薬があります。以前は処方箋でしかもらえなかった薬を安全性の確認をして、市販化した薬をスイッチOTCという市販薬が増えてきています。

花粉症の一般的な市販薬の第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれる抗アレルギー薬には、鼻水、くしゃみの症状を抑えてくれるだけでなく、鼻づまりを抑えてくれる成分も含まれています。以前は飲み分けたりしていたんですが、現在では鼻の症状などは一種類の薬でまかなえる様になりました。

眠くなるなどの多少の副作用はありますが、適切な使用をしていれば重度の副作用はなく、以前よりもかなり軽減されました。

自分の症状に合った薬を選択し、中には副作用のあるものもありますので用法・容量もしっかりと確認して使いましょう。

オススメの市販薬を紹介していきます。

オススメの市販の内服薬

 アレグラFX(久光製薬)

2014y07m15d_181301170

【14錠1,314円(税別)】
【28錠1,886円(税別)】

嵐の大野君のCMでお馴染みのアレグラFXは最も有名でしょうか?鼻水、くしゃみ、鼻づまりの症状に効果的で、かなりの人気の商品です。かゆみや蕁麻疹にも効果的です。医療用でも多く使用されているアレグラを市販化したスイッチOTCの薬で、第二世代抗ヒスタミン薬で眠気の副作用が最も少ないと言われています。配合されているフェキソフェナジン塩酸塩という成分は唾液の分泌に影響が少なく口が渇くなどの副作用が出にくくなっています。1日2回の服用になります。

 アネトン アルメディ鼻炎錠(タケダ薬品)

2014y07m15d_181620500

【45錠 1,200円(税別)】
【90錠 2,000円(税別)】

口コミやレビューでの評価がかなり高く、鼻水、くしゃみの症状に加えて鼻づまりに非常に効果的です。これは、鼻づまりに効果的な塩プソイドエフェドリン塩酸という成分やサイシンエキス、カンゾウ末などの生薬が含まれているためです。副作用かなり少ないです。ただ、1日3回の服用が面倒くさがり屋の方にとっては難点ですね。

 ストナリニZ(サトウ製薬)

2014y07m15d_183023474

【10錠 1,790円(税別)】

2013年に発売され、セチリジン塩酸塩という医療用成分が医療用と同量配合されていて、即効性があり優れた効果を発揮します。効果としては紹介している市販薬で最も優れていて非常に人気の商品です。1日1回の服用ですので面倒くさがり屋な方にオススメです。その反面、眠気などの副作用が強めです。1日1回の服用のタイミングは眠くなっても問題のない就寝時に飲むのがいいかもしれません。かゆみアレルギーなどにも効果的です。

 アレジオン10(エスエス製薬)

2014y07m15d_181801475

【6錠 1,219円(税別)】
【12錠 1,886円(税別)】
第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるエピナスチン塩酸塩が配合されていてヒスタミンの作用を抑えることで、鼻水、くしゃみ、鼻づまりの症状を抑えてくれます。副作用も少なめですが、アレグラ、アネトンに比べる若干劣ると言われています。1日1回の服用ですので、その点は面倒くさがり屋の人にはオススメです。

 ホノビエン(剤盛堂薬品)

2014y07m15d_182318754

【36錠 1,200円(税別)】

アレルギー性鼻炎や急性鼻炎の鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状に効果的です。ホノビエンは子供でも服用できるのが特長です。副作用も少ないです。7歳以上から服用できます。ちなみに、アレグラは15歳以上、アネトンは11歳以上となっています。

 コンタック鼻炎Z(コンタック)

2014y07m15d_182704986

【10錠 1,791円(税別)】

効果が優れていますが、その分眠気などの副作用が少し強めです。1日1回の服用で効果も丸1日の持続性があります。症状が強い方は試してみるといいかもしれません。

 アルガード鼻炎内服薬Z(ロート)

2014y07m15d_183711583<

【10カプセル 1,280円(税別)】

メキタジンという有効成分が鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどのアレルギー症状に効果的で、かゆみや蕁麻疹にも効果があります。特に鼻づまりには効果を発揮します。眠気などの副作用はアレグラと比べると出やすいです。血管収縮剤をしようしているので長期での服用はなるべく避けましょう。

コメントを残す