花粉症に効くオススメの市販薬【点鼻薬】

花粉症の症状の治療に点鼻薬を使用されることは多いですが、主な成分としてはステロイド血管収縮剤抗アレルギー薬などがあります。点鼻薬は使い勝手が非常に良いため使いすぎて症状が悪化してしまうことも少なくありません。点鼻薬は使用の期間や回数をしっかりと確認してから使用するようにしましょう。

では、今回はタイトルに書かれた通り花粉症に効く市販のオススメの点鼻薬をご紹介していきます。

市販のオススメの点鼻薬

 ナザールAR(サトウ製薬)

2014y07m15d_183831800

【10ml 1,880円(税別)】
ステロイド成分ベクロメタゾンプロピオン酸エステルを主成分とした点鼻薬で、花粉症などの季節性アレルギーに効果は抜群ですが即効性はあまりありません。ただ、予防にも効果があり、確かな効果から評価が高く人気の商品です。

ステロイドが入っていて危険なイメージを持たれるかもしれませんが、使用する機関や回数を守れば安心して使用することが出来るでしょう。目安としては連続して使用する期間は長くても一ヶ月程度にしておきましょう。似たような名前でナザールスプレーがありますが、こちらは血管収縮剤が入っているので、使い過ぎに注意です。

 エージーノーズ(第一三共)

2014y07m15d_184351419

【15ml 1,580円(税別)】

抗アレルギー剤のクロモグリク酸ナトリウムという成分がヒスタミンの放出を抑え症状を緩和してくれます。即効性にも優れていて効果に期待できます。ナファゾリン塩酸塩という血管収縮剤が入っていますので、過度の使用で依存しない様に用法・容量を守ってなるべく短期的な使用で正しく使いましょう。

 ザジテンAL鼻炎スプレー(ノバルティスファーマ)

2014y07m15d_184607422

【7ml 1,380円(税別)】

抗アレルギー薬で血管収縮剤やステロイドが入っていないので副作用という点で安全性が高いです。 症状が軽めの方にオススメです。メントールタイプのものもありますのでスーッとした爽快感を味わいたい方はそちらがいいでしょう。

 パブロン点鼻クイック(大正製薬)

2014y07m15d_185008526

【15ml 1,380円(税別)】

医療用の医薬品と同一成分が含まれていて、病院での治療にも使用されています。鼻水、くしゃみ、鼻づまりの鼻炎の3大症状に効果的です。血管収縮剤のナファゾリン塩酸塩が含まれていますので使い過ぎには注意しましょう。

 レガーテ点鼻薬K(白金製薬)

2014y07m15d_185149249

【16ml 2,480円(税別)】

抗アレルギー薬のケトチフェンマル酸塩がアレルギー症状を抑えて、症状を誘発する物資の放出を抑えてくれます。メントール入りのため、スーッとスッキリします。

コメントを残す