花粉症の免疫療法【減感作療法】とは?

減感作療法とは?

花粉症治療には免疫療法という治療方法があります。免疫療法の代表的な治療方法に減感作療法という方法があります。

減感作療法とは、原因となるアレルゲン(花粉など)を体内に注射で入れていきます。最初は少量から徐々に量を増やしていきます。そして、一定の量に達したら維持量で体内に入れていきます。これを毎週1~2回の通院を繰り返し、約2年の期間続けます。

少量のアレルゲンを体内に入れると、体は外敵かどうかの判断がはっきりつかず、曖昧になって反応しづらくなります。そして徐々に量を増やして体に慣れさせていくことで過敏な反応を抑えるのを目的とした治療です。

この方法は「花粉症の根治」に最も近い治療方法になります。うまくいけば薬が不要になったり、薬の量が大幅に削減されます。

ただ、デメリットとしては長い期間を地道に通院しなければならないので根気を要します。根本からの改善を望んでいる人は覚悟がいりますが試してみるといいかもしれません。

コメントを残す