鼻炎の種類別の予防方法まとめ

鼻炎の予防方法
鼻炎は予防が非常に大切です。今回は、鼻炎の予防方法を種類別に見ていきたいと思います。

【鼻炎の症状を種類別に確認するなら⇒鼻炎の種類別の症状

 急性鼻炎
急性鼻炎の予防方法はとにかく風邪をひかないことで、手洗いやうがいをしたりマスクなどして風邪をひかないように行う基本的な予防です。バランスのとれた食事や十分な睡眠で健康管理をすることが大切です。そして、室内環境は乾燥しないように適度な湿度を保つようにしましょう。また、急性鼻炎は放っておくと慢性化し慢性鼻炎を患う可能性があるので、軽く考えずに早めに対処しましょう。

 慢性鼻炎
基本的には急性鼻炎と同じ様に予防方法になります。そして、とにかく急性鼻炎の段階で症状を解消してしまうことが慢性鼻炎に対しての1番の予防になります。放置していると症状を繰り返し、慢性鼻炎へと悪化してしまい兼ねません。<  考えられる慢性鼻炎の種類

慢性単純性鼻炎
慢性鼻炎で最も多い症状で、鼻の粘膜が赤く腫れてしまう症状です。

肥厚性鼻炎
鼻の粘膜が厚くなる症状で、点鼻薬の過度の使用などが原因のケースが多い。

血管運動神経性鼻炎
症状はアレルギー性鼻炎に似ているが、特定のアレルゲンがない。

 アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎は花粉、ハウスダスト、カビなどのアレルゲンを近づけないようにすることが予防の第一歩です。そして、体質改善を行うこともアレルゲンに対する免疫力の低下を避けるという点で重要な予防になります。バランスのとれた食生活や十分な睡眠で健康管理をしっかりとして、適度な運動をしてストレス発散、丈夫な体を作ることを心がけましょう。万が一、アレルゲンが体内に侵入してきても戦えるように丈夫な体作りをしておきましょう。

【オススメの予防方法を見るなら⇒アレルギー性鼻炎の予防方法

 副鼻腔炎(蓄膿症)
副鼻腔炎の予防方法は、風邪のウイルスや花粉の侵入を防ぐことが重要です。マスクをするなどして予防をしましょう。鼻うがいも鼻の内部を雑菌や花粉を取り除くのに有効です。

また、鼻中隔湾曲症肥厚性鼻炎などの鼻づまりの症状が出ている方は早いうちに治すことが重要です。

そして、健康管理、体質改善も重要です。生活習慣の乱れやストレス、疲れがたまると免疫力の低下につながります。バランスのとれた食生活、十分な睡眠をとり、適度な運動をすることでストレスを発散し、体力をつけておきましょう。



どの鼻炎の予防も原因物資を近づけない外的要因と体質改善の内的要因が共通して非常に重要です。こういった地道な予防が鼻炎を遠ざけるための第一歩になるでしょう。

コメントを残す