鼻炎の手術での治療方法とは?

鼻炎の治療方法には手術治療があります。その中でも主な手術方法としてレーザー手術があります。

レーザー手術とは?

レーザー手術は、主にアレルギー性鼻炎慢性鼻炎の症状に行う治療方法です。レーザー手術は、レーザーで鼻の粘膜を焼くことで粘膜の腫れやむくみをとり、過剰に反応してしまう感受性を鈍らせる効果があります。

レーザー手術自体は20分前後で終わり、料金も保険適用となっています。効果としては、人それぞれですが早い人で数ヶ月、大体の人は数年程度は効果が持続することが多い様です。効果が切れてしまったら再手術が可能です。

 レーザー手術が考えられる方

 薬での治療に効果がみられない方

 薬での治療が出来ない妊婦さんや授乳中の方

 通年性、慢性の鼻の症状が出てしまう小児

 ステロイド血管収縮剤が含まれた点鼻薬の過度の使用で症状が悪化した方

 薬による副作用が過剰な場合


レーザー手術以外にも手術での治療方法があります。代表的な方法を挙げていきます。

 鼻中隔矯正術
鼻中隔の曲がっている箇所を切除することで矯正する手術方法。主に、鼻づまりと副鼻腔の膿の排出を改善するために行われる。

 副鼻腔手術
膿が溜まっている箇所を切開することで膿を排出する手術方法。

 後鼻神経切断術
鼻の粘膜の自律神経(後鼻神経)を切断することで過剰な粘膜の腫れを抑える手術方法。1泊程度の入院を要するケースが多い。

鼻炎の手術といっても様々な方法があります。最近は医学の進歩により短時間での手術が多いです。ただ、完治するわけではなく効果がなくなってきたら再手術が必要になります。

「手術での治療や薬の副作用や通院はなるべく避けたいなぁ」という方には、当サイトでオススメしている「えぞ式すーすー茶」をぜひぜひお試し下さい(^_^)

えぞ式すーすー茶」は甜茶というお茶を元に作られています。甜茶はヒスタミンの放出を抑えてくれる働きがあります。アレルギー反応が過剰に起こらないように働きかけてくれます。副作用もなく、日本人にとって身近なお茶で気軽に飲めます。

私も、日頃から水筒やペットボトルに入れて飲んでいますが症状が徐々に改善されてきました。

アレルギー性鼻炎で悩んでいる方はぜひぜひお試し下さい(^o^)

コメントを残す