鼻炎の注射での治療方法

鼻炎の治療方法に注射治療という方法があります。注射治療にはいくつも種類がありますが効果や副作用をしっかりと把握しておくことが重要です。

 アレルギー性鼻炎の注射治療

花粉症などのアレルギー性鼻炎の注射治療には免疫療法の減感作療法という方法があります。アレルギー性鼻炎には他にも注射治療は数種類ありますが、個人的にはスギ花粉症の注射治療なら減感作治療が副作用などの少なさからオススメです。

 【花粉症の注射治療を詳しく解説⇒花粉症の注射治療の種類と効果
        (アレルギー性鼻炎の注射治療について解説しています)

 粘膜注射療法

また、鼻炎をはじめ、花粉症、後鼻漏、いびきなどを対象とした粘膜注射療法という注射治療があります。鼻や喉の粘膜の腫れや炎症を取り除き、症状を抑える効果は数年程度の効果が期待されています。

【注射治療を受ける際の注意点】

 薬剤や含まれる成分や副作用の有無や危険性についてしっかりと把握してから判断する。

 中には自由診療で保険適用外の場合があるので、保険が適用されるか確認しておきましょう。

 ステロイド系の注射は副作用が強いので注射!よく一発注射治療というカキコミで見かけますが、こちらは要注意です。

 考えられる副作用
・免疫力の低下
・血糖値の上昇による糖尿病
・緑内障などの腎機能障害
・顔のむくみ
・女性ホルモンの異常

コメントを残す