鼻炎の病院でのレーザー手術とは?

鼻炎に対するレーザー手術は主にアレルギー性鼻炎慢性鼻炎に効果的です。鼻の粘膜を焼却することで鼻の粘膜を変性させ、アレルギー反応を鈍くさせる事で症状の解消・緩和をします。手術といっても20分前後で済むケースが多く、保険適用なので10000円前後での治療が可能です。また、痛みや出血もほとんどありません。

 どんな人にオススメなの?

 薬での治療を行っても効果がみられない方

 薬の副作用が出やすい方

 点鼻薬を過度に使用して症状が悪化した方(点鼻薬の使用をやめることが必要なため)

 薬での治療で長期的な通院が困難な方や面倒な方

 安全性が高いので妊婦さん授乳中の方

 齢制限はなく、目安として小学生以上のお子さんぐらいから受けられる(手術自体は問題ありませんが、恐怖心が問題かもしれません)

レーザー手術のメリットとデメリット

 メリット

・副作用がなく安全

20分前後の短時間で済み、その後の通院も回数が少ない

約八割の方が効果を実感している

 デメリット

・根治するわけではなく、効果は平均で2年程しか続かない

・治療の時期が限られている(アレルギーの症状が出る1~2ヶ月前が効果的)

・鼻の症状が強い時期は受けられないケースがある

・効果に個人差があり、効果が感じられない方もいる


レーザー手術も根治するわけではありませんが、薬での治療に効果がない方や通院が多忙で厳しい方、面倒な方は選択肢のひとつとして考えられてもいいかもしれません。

「手術での治療や薬の副作用や通院はなるべく避けたいなぁ」という方には、当サイトでオススメしている「えぞ式すーすー茶」をぜひぜひお試し下さい(^_^)

えぞ式すーすー茶」は甜茶というお茶を元に作られています。甜茶はヒスタミンの放出を抑えてくれる働きがあります。アレルギー反応が過剰に起こらないように働きかけてくれます。副作用もなく、日本人にとって身近なお茶で気軽に飲めます。

私も、日頃から水筒やペットボトルに入れて飲んでいますが症状が徐々に改善されてきました。

アレルギー性鼻炎で悩んでいる方はぜひぜひお試し下さい(^o^)

コメントを残す