子供の鼻炎とは?

最近では、子どものアレルギー性鼻炎の発症が多くなってきました。

子どものアレルギー性鼻炎の症状としては、鼻水、鼻づまり、くしゃみの3大症状が多く、特に子どもは成人に比べて鼻づまりの症状が強い特徴があります。
目の症状に関しても、成人に比べると子どもは症状が強い特徴があります。

また、風邪による急性鼻炎で症状が繰り返すうちに慢性鼻炎に悪化してしまうケースもあります。
子どもは自分でしっかりと症状を伝えることが出来ないことがありますので、少しでもおかしいなと思ったら具合を聞いてあげることが大切です。
症状が出た場合も急性鼻炎のうちにしっかりと対処してあげましょう。

 子どもの鼻炎が悪影響を及ぼす点

 鼻の症状の影響で勉強や授業に集中できなくなってしまう

 鼻づまりの影響で口呼吸が癖になってしまい、風邪を引きやすくなったりいびきなどの原因になる可能性がある

 慢性鼻炎を発症すると完治が難しいので受験や部活動にも影響を及ぼす可能性がある

 治療方法

治療方法としては、薬での治療は市販の薬は成人向けの薬が多いため子どもに適していないこともあります。
医師に相談して子どもの症状に適した薬を処方してもらうのがいいでしょう。
市販薬では、小学生以上の子どもだと、このサイトでも紹介したホノビエンという市販薬は7歳以上からの服用が可能ですので、花粉症などのアレルギー性鼻炎にはオススメです。

最近では、こどもでも受けられる鼻炎の手術での治療が増えてきました。重度の症状の場合は、レーザー手術はある程度物心がつき、大人しく受けられるくらいの小学生以上であれば受けられることが多いです。
しかし、乳幼児などの大人しく受けられない場合はレーザー手術は受けられません。

また、アレルギー性鼻炎の場合は免疫療法の減感作療法も可能ですが注射をしますので、恐怖心をなくしてあげることが必要になってきます。

外で活発に遊ばれるお子さんは、帰って来た際には手洗いやうがいをしっかりとさせることが大切です。バランスのとれた食事や十分な睡眠で体調管理もしっかりとしてあげましょう。

コメントを残す