赤ちゃん・乳幼児の鼻炎の対策と予防

赤ちゃんや乳幼児はうまく話せず症状を伝えることが困難です。
お父さんやお母さんはお子さんの具合や様子を敏感に察知してあげることが大切です。

そして、鼻炎にならないようにしっかりと予防してあげることが重要です。

今回は特に予防が大切なアレルギー性鼻炎についての赤ちゃんのための予防と対策について解説していきます。

成人と同様に外的要因のアレルゲンを遠ざけること、内的要因の健康管理をしっかりとすることが予防になります。

アレルギー性鼻炎の予防と対策を詳しく見るなら⇒【アレルギー鼻炎の予防方法
アレルギー性鼻炎の原因を詳しく見るなら⇒【アレルギー性鼻炎の原因
 具体的な予防方法

赤ちゃんはハイハイなどで床に手をつくことが多いです。
そのため、畳やカーペットはダニやカビの温床になりやすいので、出来ればフローリングが理想的です。
布団やカーペットを使用する際は小まめに清掃や選択を行いましょう。

ペットの飼育に関してもフケや毛がアレルゲンとなる可能性がありますので、外で飼うか、飼うのを断念した方がいいでしょう。

タバコなどの刺激のある煙も良くないので、外で吸うか、禁煙するなどして室内環境を害さない様にしましょう。

また、離乳食をあまりにも早くやめてしまうとアレルギーになりやすいとの報告データもあります。

そして、健康管理も非常に重要ですのでバランスのとれた食生活、十分な睡眠をとり体力をつけてアレルギーになりにくい体作りを心がけましょう。

コメントを残す