アレルギー性鼻炎の検査方法とアレルゲンの確認方法

鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が出た場合、アレルギー性鼻炎による原因の症状かを確認する必要があります。
そして、アレルギー性鼻炎と診断されればそのアレルゲン(抗原)は何なのかを確認しなければなりません。

今回はこれらの方法をいくつか挙げていきます。

アレルギー性鼻炎発症の検査

 問診
年齢、性別、職業、症状の経過発症時期、家族の方のアレルギー体質の有無、治療歴など様々なことを詳しく聞いていきます。

 鼻鏡検査
鼻の中の粘膜を調べる検査です。粘膜の腫れや色鼻水の分泌量などを検査をします。

 鼻汁好酸球検査
アレルギー性鼻炎を発症している人に多く見られる好酸球という細胞の数や量を鼻水を採って検査をします。

 好酸球とは?
鼻水や痰などの中に分泌される細胞で、血液中の白血球の一種のこと。


アレルゲン(抗体)を確認する方法

 皮膚テスト

皮膚テストにはスクラッチパッチテスト皮内注射テストの2種類があります。皮内注射テストとは考えられるアレルゲン(抗原)の水溶液を注射し、皮膚の状態を観察して検査します。
スクラッチテストは、皮膚を軽く引っかき傷をつけて、そこにアレルゲン(抗原)の溶液を垂らして反応や状態を検査します。

 特異体IgE抗体検査

採血をして抗体の種類を調べる検査です。血液中ののIgE抗体が反応するアレルゲン(抗原を)を調べます。この方法は多数の抗体を調べることが可能で、アレルギーの強さの程度も調べることが出来ます。

 IgE抗体とは?
タンパク質の免疫グロブリンの一種でアレルゲンと結合することで、ヒスタミンなどの化学伝達物質を肥満細胞から放出させる。本来は体を守る目的であるが、過剰なアレルギー反応の原因となってしまうこともある。



 誘発検査

アレルゲン(抗原)を鼻の粘膜に直接接触させてみて、アレルギー反応が起こるかを検査する方法です。しかし、この検査方法は安全性に優れていないため現在ではほとんど行われていません。

コメントを残す