鼻炎のくしゃみの原因と危険性

今回は鼻炎の3大症状のくしゃみに争点をしぼって原因や危険性について述べていきます。

くしゃみは瞬間的に体のコントロールがきかなくなるので軽く考えず注意が必要です。

 原因とメカニズム

花粉やハウスダストなどの異物のアレルゲンが鼻の粘膜に付着すると、粘膜にある肥満細胞からヒスタミンロイコトリエンなどの化学伝達物質が放出されます。

ヒスタミンは知覚神経を刺激し、異物を排出するためにくしゃみや鼻水などの症状を誘発する作用があります。
これをアレルギー反応といい、アレルギー反応が過剰に起こってしまうことが辛いくしゃみの症状の原因です。

 くしゃみの危険性

くしゃみは瞬間的に激しく運動するため、瞬間的に身体に力がかかりコントロールがきかなくなります。何か作業をしている際や運転中のくしゃみは非常に危険です。

そしてくしゃみは、激しく体を運動させるため、まれに肋骨の損傷やぎっくり腰などの危険性があります。
アレルギー性鼻炎などの止まらないくしゃみの症状などは特に注意が必要です。

コメントを残す