鼻炎といびきの関連性

いびきとは鼻から声帯に繋がる上気道と呼ばれるところで起こる騒音です。

いびきには、あまり問題のない健康な人でも起こる単純性いびきと、放っておくと危険な無呼吸症候群を伴ういびきがあります。
単純性いびきも鼻炎や肥満などのいびきの原因を放っておくと慢性化してしまう恐れがあります。

 鼻炎のいびきとの関連性と原因

人間は寝ている時は全身の筋肉がゆるみ、いびきに関連する喉の筋肉もゆるむため、喉ちんこなどが振動して騒音を出します。

また、仰向けになって寝ることで舌の付け根が喉の方に沈みやすくなり喉を狭くしてしまうことも影響します。

いびきと鼻炎の症状には深い関連性があります。
アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、肥厚性鼻炎、鼻中隔湾曲症などの症状がいびきに影響を与えます。

また、鼻づまりなどの鼻の症状が慢性化すると、鼻の通りが悪くなり口で呼吸しがちになりいびきの原因となってしまいます。
慢性的な鼻炎に悪化する前に、急性鼻炎などの初期の症状で治しておくが第一で、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、肥厚性鼻炎、鼻中隔湾曲症などのいびきの原因となりうる症状も早くに治療しましょう。

また、肥満体型もいびきの原因として非常に関連があります。
体質改善を行うことは、鼻炎、いびきをはじめ健康管理に非常に重要ですので、意識を持って取り組むことが大切です。

コメントを残す