血管運動神経性鼻炎の原因

a0002_007528

血管運動神経性鼻炎の原因は様々な環境の変化や刺激が考えられます。

さまざまな原因や刺激によって、鼻粘膜の自律神経が刺激されて過剰に反応してしまうことで症状が起こります。

2014y07m28d_193119110 血管運動神経性鼻炎の主な原因を挙げてみます。

・温度変化
・タバコなどの刺激のある臭い
・飲酒
・精神的ストレス
・妊娠

などさまざまな原因が考えられます。

a0001_017040

特に温度変化による原因には要注意です。

例えば、布団や暖房の効いた室内などの暖かい環境から布団の外や屋外に出た時の冷たい空気への温度変化などで鼻水やくしゃみの症状が起こったりします。

「温度変化によるアレルギー」と思ってもらえればイメージしやすいかと思います。

このように特に温度変化によって鼻の粘膜の自律神経が刺激されて症状が起こることが多くなっていますので注意が必要です。

血管運動神経性鼻炎は根治はむずかしいですが、環境改善によって症状の克服が可能です。

アレルギー性鼻炎と判断がつかない場合は、まずはアレルギー検査や問診を受けて適切な対処をしましょう。

血管運動神経性鼻炎の関連記事はこちら

コメントを残す