慢性単純性鼻炎の治療方法とは?

慢性鼻炎の一種である慢性単純性鼻炎は急性鼻炎と違い、完治はむずかしく、治りにくいため治療に時間がかかります。

治療方法としては、まずは「急性鼻炎の内にしっかりと治す」ということです。

a0002_007545

薬での治療

慢性化してしまった場合はの主な治療方法は「薬での治療」になります。

薬での治療は鼻の粘膜の炎症を抑えて症状の緩和します。

血管収縮剤などを含んだ点鼻薬と鼻水の症状などに効果的な「抗ヒスタミン薬」などの内服の薬を併用して治療が行われることが多くなっています。

点鼻薬は鼻の粘膜の炎症や腫れを抑えて鼻づまりを改善してくれる効果があります。

しかし、点鼻薬の過度の使用は自律神経をにぶらせてしまい、鼻の粘膜が肥厚化してしまい慢性肥厚性鼻炎に悪化してしまう可能性があります。

点鼻薬を使用する際は適切な回数で使用しましょう。

コメントを残す