慢性肥厚性鼻炎とは?

a0002_007528

慢性肥厚性鼻炎とは慢性鼻炎の一種で、鼻腔内の下鼻甲介の鼻の粘膜が増殖、肥大することで鼻の粘膜が厚くなることで鼻づまりの症状が起こる鼻の疾患です。

主な原因としては、急性鼻炎やアレルギー性鼻炎の症状が長引いたり、繰り返したりすることで発症することがあります。また、「点鼻薬の過度の使用」により自律神経がにぶることが原因として多くなっています。

主な症状としては、鼻づまりと後鼻漏の症状があらわれます。

後鼻漏とは、鼻水が喉に流れ落ちることで咳や痰などの症状が起こります。

鼻づまりは慢性単純性鼻炎は「片方ずつ」左右交代で起こりやすいのが特徴ですが、慢性肥厚性鼻炎の場合は「両側」の鼻が鼻づまりを起こすのが特徴です。

治療方法

慢性肥厚性鼻炎の治療は、薬での改善があまり期待できないケースが多いため、手術での治療が主流になっています。

通常はレーザー手術、重症の場合は下鼻甲介骨切除術、下鼻甲介粘膜切除術
などの手術が行われることが多くなっています。

レーザー手術で鼻の粘膜を焼却することで、アレルギー反応を起こさないように鈍くさせます。約8~9割の方が症状の改善を実感していて、平均で2年程度持続します。

レーザー手術は麻酔薬を鼻の粘膜に塗布することで傷みはほとんどありません。時間も10分前後の短時間で行える場合がほとんどで、費用も保険適用のため3割負担で済みます。

下鼻甲介骨切除術はとびでている骨をけずる手術で、下鼻甲介粘膜切除術は厚くなった粘膜を切除する手術です。頑固な鼻づまりに効果が期待できます。

最近では日帰りで手術を行うことが多くなってきていて、安全性も高く、保険が適用されるようですので費用の心配もそこまで必要ありません。

コメントを残す